女性の悩みから解放される!PMS、生理痛も断食で改善?!

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

生理痛などのPMSで悩んでいる女性は多いですよね。

断食と生理痛、無関係のように思えますが、実はこの生理痛もファスティングで身体を整えると、やわらいでくる方が多くいらっしゃいます。

今回はなぜファスティングが生理痛に効果があるのかご説明していきます。

生理痛の主な原因とは?

生理痛の大きな原因のひとつにプロスタグランジンE2(PGE2)という炎症活性物質の過剰分泌があげられます。

これは実は、日々どんな油を摂っているかが大きく関係しています。

日頃からスイーツやファーストフードお肉を多く食べる方、サラダ油などを使っている方は要注意です。

それらは、リノール酸、アラキドン酸などのオメガ6系の油が含まれ、体内の油のバランスもオメガ6系の油が多くなります。

体内の油のバランスがオメガ6系に偏ると、炎症活性物質である、PGE2を過剰に分泌させ、子宮の収縮が強まり、痛みが引き起こされます。

なぜファスティングが生理痛に効果があるの?

通常のエネルギー源は糖質ですが、断食中は糖質が身体から枯渇するため、脂肪が主なエネルギー源となります。

断食は、脂肪がエネルギー源として使われていくため、脂肪燃焼が促進されますよね。

その脂肪燃焼によって、いったん体内の脂質の全体量が減ります。

その後の食事で、青魚や亜麻仁油、えごま油などのオメガ3系の脂質を積極的に摂ることで、体内のオメガ6とオメガ3のバランスを改善させることができるのです。

この油のバランスが整うと、PMSなどの生理痛だけではなく、花粉症などのアレルギーやアトピー、便秘や下痢、鼻炎などの
慢性炎症も改善してきます。

生理痛がひどい方は、断食中も同じPGE2が原因の頭痛が起きやすくはなりますが、その際は、自然塩を舐めたり、人口甘味料不使用のアミノ酸やタウリンを摂取するなど、対処法はありますので不安な方はご相談くださいね。

まとめ

今回は断食と生理痛の関連についてご説明しました。

実際にファスティング後に「生理痛が軽くなった!」という声もよく頂きます。

断食は根本から身体を変えていく大きなチャンスです。

断食後の回復食や以降の食生活も重要で、オメガ6を減らし、オメガ3を積極的に摂取することが大事にはなりますが、重い生理痛から抜け出すよい機会になるかもしれません。

<オメガ3系を多く含む食材>
亜麻仁油、青魚、アボガド、サーモン、卵、くるみなど

<オメガ6系を多く含む食材>
マヨネーズ、ポテト、唐揚げ、スイーツ、クッキー、サラダ油など

毎月の生理痛で、痛み止めが手放せない方も、断食で体質改善をしていき、普段の食生活を意識すると、どんどん楽になってきます。

PMSや重い生理痛でお悩みの方は、断食と食事での改善も検討してみてくださいね!

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA