酵素断食がオススメの理由を解説!断食中に酵素ドリンクを飲むメリット3選!

こんにちは!プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

断食の方法は、水だけ断食、みそ汁断食、お粥断食・・・などいろいろな種類がありますが、その一つに酵素ドリンクを使った断食があります。

私が指導している断食も、断食期間中に何も口にしないのではなく「酵素ドリンク」を薄めて、こまめに飲んで頂いています。

断食中に酵素ドリンクを飲むメリットはたくさんありますが、今回はその中でも基本的なメリットを3つお伝えしますね♪

空腹感を抑えられる

断食で心配になることの一つに空腹感があると思います。
何も食べずに空腹に耐えられるのか不安になりますよね。

空腹感を感じる理由は血糖値の低下です。

何も口にしない断食を行ってしまうと、血糖値の低下が起こり空腹感を感じやすくなってしまいます。

そこで、酵素ドリンクをこまめに飲むことで、血糖値をコントロールすることができます。そして、安定的に脳にエネルギー源が供給され、空腹感を感じにくくしてくれるんですね。

メンタルを安定させる

血糖値が低下した場合、身体への影響は空腹感だけではありません。

身体は危機的状況だと判断し、血糖値を上げるために働きます。

交感神経が強く働き、血糖値を上げるためのアドレナリンやノルアドレナリンなどのホルモンがたくさん分泌されます。

その結果、イライラや不安、焦燥感などのメンタル面での乱れや、手・足先の冷え、肩こり・腰痛などの症状があらわれます。

もともと低血糖症状がある方は、特に血糖値コントロールが重要となります。

低血糖は身体にとって大きなストレスです。

ストレスを受けることで、胃腸の働きが低下したり、筋肉の分解が進んだり、ホルモンバランスの乱れにも繋がります。

断食期間を快適に過ごすためには、血糖値のコントロールや自律神経のコントロールはとても重要な要素となり、そのためにも酵素ドリンクは効果的です。

消化酵素を使わずに栄養素が摂取できる

ファスティングは、日頃は食事により消化吸収に使われているエネルギーを、細胞の修復や回復、デトックス、脂肪燃焼などの代謝にまわします。

そのためには、消化吸収に負担をかけないかたちで、栄養素を摂取する必要があります。

そこで活用できるアイテムが「酵素ドリンク」なのです。

たとえば、酵素ドリンクの原料である「砂糖」。
砂糖の主成分である「ショ糖」は、ブドウ糖と果糖が1分子ずつくっついてできている「二糖類」ですが、二糖類のまま摂取してしまうと、身体は消化吸収する際にくっついているブドウ糖と果糖を切り離し、「二糖類」から「単糖類」にする必要があるのです。

この切り離しの際にミネラルやビタミンなどの栄養素や酵素が使われたりしてしまいます。

一方で、私が指導時に扱っている酵素ドリンクは、黒糖を発酵のベースに使用しています。黒糖に含まれているショ糖は、二年の発酵熟成期間を経て、完全にブドウ糖と果糖に切り離されています。

そのため、消化酵素を使うことなく、速やかに吸収され、飲んですぐにエネルギーに変換、低血糖も防ぎ、自律神経を整え、空腹感も感じにくくしてくれます。

つまり、酵素ドリンクに含まれている成分は消化吸収に負担がかからないのです。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、「なぜ断食中に、「酵素ドリンク」がおすすめなのか」その理由について基本的な下記3つをご説明しきました。

①血糖値のコントロールで空腹感を抑えられる
②血糖値のコントロールでメンタルを安定
③消化酵素を使わずに栄養素が摂取できる

この上記3つは「酵素ドリンク」の基本的なメリットなので、酵素ドリンクによっては、
使われている原材料へのこだわりや、含まれている栄養素などで、他にもさまざまなメリットがあります。

「ファスティングをやってみたい!」と思われている方は是非活用してみてくださいね♪

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA