ダイエットしたい人必見!断食中の運動がもたらすうれしいメリット♡

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

ファスティングが初めての方やあまり慣れていない方は、断食で何も食べないとなると、「エネルギー切れを起こすんじゃないか」「運動は控えた方がいいのでは?」と思っている方もいらっしゃると思います。

ですが、断食中こそ運動をした方がいい理由があります。

今回は断食中の運動の効果とおすすめの運動や注意点についてお伝えしますね♪

断食中の身体の変化

通常は、食事から摂る糖質以外の主なエネルギー源として筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲン(糖質)が使われます。

断食をすると食事からの糖質が供給されなくなるため、蓄えられているグリコーゲンがどんどん使われて枯渇します。

枯渇すると、今度は脂肪酸がエネルギー源となり、肝臓でケトン体が産生されます。

ケトン体は脂肪が分解されて生成されるものなので、ケトン体が増えると、脂肪燃焼が促進されているということです。

実は、断食中の体内では、ケトン体が通常時よりも20~100倍に増えるといわれています。

ということは、断食中は、脂肪が20~100倍燃えやすい状況なのです。

しかし‼

ここで注意したいのが、脂肪が分解されただけでは減っていかないということです。

運動などで身体を動かし、分解された脂肪酸が、細胞の中のミトコンドリアに入ることで、はじめて脂肪がエネルギーとして使われ、脂肪が減っていきます。

エネルギー消費が無ければ、使われなかった脂肪酸は、また肝臓に取り込まれ、脂肪に戻ってしまいます。

このことから、断食中は運動をした方が脂肪燃焼効果が高まることがわかります。

断食中に効果的な運動

30分~1時間ほどの散歩やランニングでの有酸素運動がおすすめです。(心拍数が130~140が目安)

ヨガやストレッチなど、運動量が低いものは脂肪燃焼効果は低いので、脂肪燃焼をしたいのであれば、自重を使うようなパワーヨガなどがおすすめです。

筋トレをする方は、断食中は爆発的なパワーは出せませんので、いつもの7~8割の重量で、回数を増やしていくことをおすすめします。

私のグループ断食では、グループのメンバーで、youtubeのトレーニング動画を使いみんなでzoomに集まり「宅トレ」をしています。

youtubeは色々な運動の動画があるのでおすすめです。

どんな運動が良いのかわからない方は、是非グループ断食で一緒に「宅トレ」しましょう!

ちなみに、脂肪酸がミトコンドリアに入るときにはLカルニチンという栄養素が必要です。

私が取り扱っている酵素ドリンクには、Lカルニチンが含まれていますのでご安心ください。

運動をするときの注意点

ファスティングドリンクをこまめに摂取

断食時は、血糖値コントロールのためにファスティングドリンクをこまめに摂取して頂きますが、運動時も同じようにこまめに摂取してください。

もし、摂取しないまま運動してしまうと低血糖となり,、フラフラしてしまう可能性があります。

汗をかいたらミネラルを含む塩分を補給

汗には塩分の他、様々なミネラルが含まれていますので、ミネラルの含まれた塩分を摂取してください。

(私が指導する際は、マグマソルトを舐めていただきます。高い抗酸化がありますので、運動時に発生した活性酸素除去も期待できます)

まとめ

いかがでしょうか。

断食中は糖質が入らないことで脂肪が燃えやすい状態になります。

しかし何もしなければ脂肪は分解されないため、脂肪の分解を促進するために運動が必要なんですね♡

脂肪燃焼のまたとないチャンスです‼

ダイエットやデトックスが目的ならば、そのチャンスを逃すのはとてももったいないですよね。

積極的に有酸素運動を取り入れ、理想の体型や健康をつくっていきましょう♪

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA