断食中に起こりやすい不調とは?低血糖の原因と対策を解説!

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。
あなたは回復食を開始した時に、フラフラしてしまった経験はありませんか?
「食事を抜いているから力が出ないのかな」「ファスティング中だからしょうがないだろう」と思われたかもしれません。
ですが、これはちゃんと原因と対策を知っていれば防げる不調なんです!
その原因とは、ずばり『低血糖』です。
今回は回復食期に出やすい低血糖についてお伝えしますね。

ファスティングと低血糖の関係

まずはなぜ低血糖になってしまうか、その仕組みをご説明していきますね。

ファスティングの効果の一つとして、“インスリン抵抗性の改善”があります。

インスリンとは、膵臓から分泌されるホルモンです。
食事によって血中のブドウ糖濃度が高まると、そのブドウ糖を細胞に取り込み、上昇した血糖値を下げる働きがあります。

このインスリンが効きにくくなった状態をインスリン抵抗性と呼び、肥満や運動不足などの生活習慣の乱れが原因といわれています。
インスリン抵抗性の状態が続くと血糖値が下がりにくくなり、糖尿病を引き起こすと言われています。

ファスティングは、このインスリン抵抗性を改善してくれる効果があり、インスリンが効きやすい状態になっています。つまり、血糖値を下げやすい身体になっているんですね。

また、回復食開始の際は、筋肉や肝臓は糖が枯渇した状態でもあるので、より細胞の中に糖を引き込む力が強くなります。
そのため、回復食で食事をし始めると枯渇した細胞に一気に糖が取り込まれ、その結果、低血糖を引き起こしやすくなります

低血糖の症状

一般的な低血糖の症状として、フラフラしてしまったり、冷や汗、悪寒、だるさ、不安感があります。
また、低血糖の直接的な症状以外に、胃が痛くなることもあります。
これは血糖値を上げるホルモン“アドレナリン”が関わっています。
このアドレナリンは交感神経を優位にする働きがあり、イライラ、不安、恐れなどの感情を高め、胃酸分泌の促進、過緊張状態をつくります。
つまり低血糖が起きるとアドレナリンの分泌が促進され、アドレナリンによって空きっ腹に胃酸が過剰分泌されることで胃痛にも繋がるわけです。
回復食期に胃痛が起きた場合、単に、これまで食事を摂ってこなかったところに食べ物が入って胃に不調が起きたわけではなく、低血糖が原因の可能性があります。

低血糖を予防する方法

糖質を極端に控えたり、逆に血糖値を乱高下させてしまうような白米やお粥などを食べてしまうと、低血糖症状が起こりやすいので、注意が必要です。

血糖値をコントロールするためには、回復食期間中もファスティングドリンクをこまめに飲んだり、甘酒やリンゴジュースなどを水で薄めてこまめに飲んだり、蜂蜜やメープルシロップなども活用し、血糖値コントロールしていきましょう。

胃痛が起きた場合も、ファスティングドリンクなどで低血糖を防いだり、交感神経を優位にしすぎないよう身体を温めたり白湯を飲むなどリラックスに努めましょう。
また、回復食で“すっきり大根”をオススメしていますが、すっきり大根だけでは低糖質なため、夜に食べる場合は寝ている間に低血糖になる可能性があります。
朝起きたときにフラフラしてしまったり、気持ち悪さで目が覚めてしまう可能性がありますので、すっきり大根の後に、ゆるやかに糖が補給できるような干し芋や栗を食べたり、ファスティング用ドリンクも活用しながら、低血糖対策を行ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ファスティングの際は血糖値コントロールが大変重要なポイントになります。
断食期間中は、ファスティング用ドリンクをこまめに飲み、血糖値をコントロールしていきますが、回復食期間も油断せずに血糖値コントロールが必要です。
正しいやり方でやれば、不調の対策はできますので、始めてファスティングに挑戦したい方や、ファスティングに失敗してしまった方、体調が不安な方は、お気軽にご相談くださいね。

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA