断食で失敗しない方法!4つのポイントを解説!

こんにちは!プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

最近はファスティングも広まり、既にやったことがある人も多いと思います。

今はいろんな断食のやり方が、ネットなどで検索でき、誰でも簡単にできてしまう状況ですが、中には途中で挫折してしまったり、辛い思いをした方、失敗したという方も多いのではないでしょうか。

今回は、一度失敗してしまった方でも、安心してまた挑戦ができるように、「失敗しない断食方法」を
お伝えします。

①カフェインは1週間前から抜く

断食中に出やすい不調で、挫折の原因になるものに「頭痛」があります。
この頭痛のせいで、断食が辛い経験になってしまう方も…。

大きな理由としては、「カフェインによる離脱症状」です。

眠気覚ましや、気合を入れるために、習慣でコーヒーを飲んでいる方もいらっしゃると思いますが、断食はそのような習慣を見直すきっかけになります。

断食をやると決めたらその日からカフェインを控えていき、1週間前には0にすることが、断食期間を楽に過ごすコツです。

コーヒー以外にも、緑茶やウーロン茶、エナジードリンクなどにも入っているので注意が必要です。

②酵素ドリンクはこまめに飲む

断食のにはいろいろなやり方がありますが、できるだけ「空腹感を感じさせない」ということもとても重要です。

空腹感は、血糖値と関係しています。

血糖値の変動が大きいと空腹感を感じやすくなりますので、血糖値を一定に保つことがポイントです。

そこで、酵素ドリンクを1日かけて、少量ずつこまめに飲む方法をおすすめしています。

断食中の「我慢」は回復食のときの暴飲暴食に繋がり、リバウンドをしてしまう原因です。

ここで失敗してしまった方も多いのではないでしょうか。

断食中にしっかり血糖値コントロールできると、空腹感なく楽に断食ができ、回復食での暴飲暴食も防ぐことができます。

③断食中は積極的に運動をする

断食をしても体重の落ちが悪かった方は、断食中も積極的に「運動」をすることをおすすめします。

断食中はエネルギー源が糖質から脂肪に変わり、脂肪が燃えていきます。
ですが、その脂肪を使ってあげないとなかなか脂肪は落ちません。

断食3日目になると、ケトン体の生成が通常の20〜100倍に増えるといわれており、脂肪燃焼が促進されています。
この時に運動をすることで、より脂肪が落ち、太りにくい身体をつくることができます。

④専門家のもとで行う

断食をした方で失敗をしている方は、自己流で断食をした方が多いと思います。

ネットには、たくさんの情報があり誰でも簡単に断食はできますが、数日間の断食を一人で行うことは、危険であり、不安も大きいと思います。

せっかくお金も時間も、自分の健康もかけて行うものなので、まずは専門家の元で正しいやり方を教わり、相談、質問できる環境でやることをおすすめします。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は「断食で失敗しない方法」について、お伝えしました。

4つお伝えしましたが、一番確実なのは、一度は「専門家のもとでやってみる」ことです。

断食はとても本質的な健康法です。
正しくやれば、断食中も楽に過ごすことができ、さらに理想の身体づくりをすることができます。

これまで断食で苦い経験をしてしまった方も、是非、本物の断食を体感してみてくださいね。

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA