回復食にはコレ!断食総仕上げ「すっきり大根」とは?

こんにちは!プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

断食と言えば、“食事を摂らない”期間のことを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

もちろん、食事を摂らないことも大切なのですが、実は断食は回復食期に何を摂るかがとっても重要なんです。

そこでオススメしているのが『すっきり大根』です。

最近は断食も広まり、すっきり大根という言葉は聞いたことがあるかもしれません。ですが、まだ自分でやったことがなかったり、どんな効果があるのかをご存じない方も多いのではないでしょうか?。

今回はそのような方に向けて、すっきり大根の作り方や、効果などをお伝えしていきますね♪

すっきり大根とは?

すっきり大根とは、回復食1食目にオススメしている食事です。

大根の食物繊維や大量の水分、梅干しの酸で腸を刺激し、便からの毒素排泄を効率よく促すことができます。

材料や作り方を簡単にご説明しますね。

【材料】
・大根 1/3本
・昆布 10g
・梅干し 3個(種を取りたたき梅にする)

【作り方】
・大根1/3本を短冊切りにする。
・鍋に2,000ml程度の水と大根、昆布10gを入れ、大根がやわらかくなるまで弱火で煮れば出来上がり。(約40分)

【食べ方】
・白湯を300mlをゆっくり飲む
・湯飲みにたたき梅を入れ、大根の茹で汁300ml注ぎ梅湯をゆっくり飲み干す
・大根を「良く噛んで」食べる
・大根の茹で汁300mlにたたき梅を入れ、茹で汁梅湯を飲み、大根を食べる。
・3番~4番を合計3回以上繰り返す。

回復食1食目は、この「すっきり大根」をよく噛んで、ゆっくり頂きます。
量がありますが、できるだけ食べて頂くことで、この後の便がすっきり出てきます。

しばらく経つとお腹がグルグルしてきて、水便が出てきます。
人によっては1時間〜2時間トイレに篭ることもあるので、時間に余裕がある休日を回復食1日目にすることがオススメです。

スッキリ大根の後は、お腹もぺたんこになります。

なぜすっきり大根なのか?

すっきり大根を食べて出てくる水便、実はコレステロール(油)が原料の胆汁が主成分です。

毒素というのは、油にたまるもの(水銀やアルミニウムなどの有害重金属や農薬など)が多く、身体の細胞膜や脳などの油の部分に溜まってきます。

このような脂溶性の毒は、普段の生活ではなかなか排泄しづらいため、体内に蓄積し、代謝を阻害、疲れやすい、頭痛、肌荒れなどの不調の要因となります。

ファスティングをすることで、体の解毒代謝が活性化され、脂溶性の毒素がコレステロール(油)を原料とした胆汁に溶け出し、それが腸内に分泌され便として排泄されていきます

その際に、「すっきり大根」が便の排泄をさらにサポートしてくれるのです。

身体の外へ毒素を排泄する方法としては、便75%、尿20%、汗3%、爪、髪2%と便の割合が一番多いため、便で毒素を排泄するということは、ファスティングでは、とても大事な過程となります。

ちなみに私が指導する際は、よりデトックス効果を高めるために、胆汁分泌を促進させる「タウリン」をサプリメントで飲んで頂いています。

まとめ

いかがでしょうか。
今回は断食最後の総仕上げ、「すっきり大根」についてご説明しました。

「すっきり大根」によるスッキリ感は、体感してみるとわかります。

お腹もぺたんこになり、身体もとても軽くなりますよ。

気になる方は是非一度、体感してみてくださいね。
はじめての場合は、専門家の方と一緒にやることをオススメします。

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA