空腹は「若返り」のサイン♡断食でアンチエイジング‼

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

ファスティングは、おなかがすくから私にはできない・・・

空腹を我慢できなさそう・・・。と思っている方も多いと思います。

ですが、ファスティング中の空腹は「若返り」のサインなんです‼

普段、空腹は不快なものだと思いますが、実はその空腹のおかげで若返っていると思ったら、印象が変わりませんか?

今回はなぜ、空腹が若返りのサインなのかをご説明していきますね。

空腹時に起こっていること

おなかが空いたとき、おなかが「グゥ〜」っとなりますよね。

実はそのときに、身体の中で起きている反応が若返りに繋がっています。

空腹状態とは、身体のメカニズムから言うと筋肉や肝臓のグリコーゲンが枯渇した状態です。

身体が空腹状態になると、十二指腸から「モチリン」というホルモンが分泌されます。

このモチリンは、次に食べ物が入ってくるときのために、胃を収縮させて、胃に残っていた食べ物があればそれを腸に送り込むという働きがあります。

このときにお腹の中が空っぽだと、グゥ〜っていう音が鳴るんですね。

モチリンで胃を収縮させて胃の残留物を絞り出してみても何もない&食べ物が来ない!

という事態になると・・・

いよいよ、若返りにむけて動き出します!

若返りホルモン「グレリン」

次は「グレリン」というホルモンが胃から分泌されます。

このホルモンは、「食欲ホルモン」ともいわれていて、脳の視床下部にはたらき、食欲を感じさせるのです。

それと同時に、下垂体にはたらき、成長ホルモンの分泌を促進させます。

この成長ホルモンによって、細胞が再生したり、肌が綺麗になったり、傷ついた細胞が修復され、つまり「若返り」に繋がります。

グレリンの若返り効果については、「グレリンを投与するとミトコンドリアが活性化した」という研究があったり、マウスの実験では、記憶力や認知能力が向上、血圧を下げる作用があることがわかっています。

グレリンは身体と脳、両方の若返り効果があるということですね。

また、このグレリンには、深い眠りであるノンレム睡眠の質を高める効果もあります。

ノンレム睡眠時に分泌される、成長ホルモンの分泌も促進させるため、ファスティング中の睡眠はより細胞の修復や疲労回復など、貴重な若返りチャンスでもあります。

睡眠の質も高いため、朝もすっきり起きられて、日中の集中力も高まります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

空腹時に分泌される「グレリン」が、細胞を再生したり修復する「成長ホルモン」の分泌を促すため、若返り効果が得られるんですね!

断食中の空腹感に不安を感じる方もいますが、本当は身体にとっては良いことなのです。

断食の若返りパワーをうまく使って、理想な身体や、健康な身体をつくっていきましょう!

ちなみに、私のファスティングメソッドでは、酵素ドリンクを使って血糖値のコントロールをしていくので、そこまで強い空腹感を感じることなく過ごしていただけます。

食べていないのでお腹は空っぽだけれども、「空腹感」は感じないという状態です。

ただ、ファスティング中に「お腹は空いてないけど食べたい」と感じるタイミングはあるかもしれません。

そのときはグレリンが分泌されている証拠。成長ホルモンも分泌促進されていますので「ただいま若返り中!」と思ってニンマリしましょう!

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから↓↓

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから↓↓

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA