断食が起こす奇跡‼細胞のリニューアル「オートファジー」とは?

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

「ファスティングは身体に良さそう」

というイメージを持たれている方は多いと思います。

では、どんな風に身体によいのかをご存じでしょうか?

ファスティングの効果としてよく注目されるのは

・ダイエット

・腸内環境改善

というところだと思いますが、

実は細胞をきれいにする“オートファジー”効果があります!

オートファジーという言葉をはじめて聞く方が多いと思いますが、

身体にとって、とってもうれしい機能なんです♪

今回はファスティングの効果の一つ、オートファジーについてお話をしましょう。

オートファジーとは

“オートファジー”とは、人間にもともと備わっている機能です。

細胞内で古くなったタンパク質やミトコンドリアなどの細胞小器官、細菌やウィルスなども集めて分解し、分解してできたアミノ酸を新たなタンパク質合成に使うリサイクルシステムのことをオートファジーと言います。

大隈良典・東京工業大学栄誉教授が発見し、2016年にノーベル賞を受賞しました。

と、教科書通りの説明だとこうなるのですが、正直なんだか分かりにくいですよね。

簡単に言うと、古くなったり不良品になってしまった細胞内のタンパク質を、リサイクルして新品に作り直す、細胞が内側から綺麗になっていく仕組みです。

ギリシャ語で“オート”が「自分」

“ファジー”が「食べる」という意味です。

細胞内で自ら不良品のタンパク質を、まるで食べるように膜で包み込み、リサイクルしていきます。

オートファジーによる効果

オートファジーが働くと、細胞の中のゴミ掃除が始まり、細胞内が浄化されます。

人間は37兆個の細胞の集まりです。細胞によって違いはありますが、私たちの細胞ひとつひとつがどんどん綺麗に生まれ変わるイメージです。

胃や腸、肝臓、腎臓などにある細胞がリセットされ、新しい細胞に生まれ変わります。

その結果

・内臓機能が高まる

・血糖値が下がる

・血圧が下がる

・身体の不調や老化の進行が改善される

といったさまざまな効果が期待されます。

人の身体にはこのような素晴らしい機能が備わっているんですね。

ファスティングとオートファジーの関係

オートファジーはもともとは、飢餓を生き抜くための機能です。

飢餓は生物にとって大きなストレスです。多少の飢餓でも飢え死にしないようにしておく必要があり、そのときに働くのがオートファジーです。

自分の中にある老廃物を分解して生きるためのエネルギーを作るんですね。

ですが、飽食の現代では飢餓状態とは程遠く、なかなかオートファジーが活性化されずにごみの溜まった細胞が放置されてしまい、体調不良や病気に繋がっています。

そこでファスティングです!

外部から栄養を十分に摂れないことでオートファジーが活性化します。

ファスティングを行うことによって身体が飢餓状態となり、生命を維持するためにオートファジーのスイッチが入るんですね。

まとめ

今回はファスティングで得られる効果のひとつ、“オートファジー”についてお話をしました。

オートファジーは身体の老廃物をリサイクルして細胞を綺麗にし、身体の機能を正常に戻す機能です。

ファスティングは、オートファジーという人の身体が元々もっている素晴らしい力を呼び覚ますことができる、本質的な健康法ということですね。

いつまでも若々しく健康で元気でいたい方にもファスティンングは、オススメです。

一回やってみるとファスティングの凄さを体感できます!

初めてやるときは、指導者のもとで正しいやり方でやってくださいね。

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら楽しくお得にファスティング♪

毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから⬇︎⬇︎

グループファスティング詳細


* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

お友達追加でカラダ年齢診断を無料でプレゼント♡

ファスティング入門講座も無料で受講できます‼︎

登録はこちらから⬇︎⬇︎

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA