筋肉を落としたくない人必見!断食中のプロテインはあり?なし?

こんにちは。プロフェッショナルファスティングマイスターの山岡玲子です。

筋肉はつけるのは大変ですが、落ちるときは簡単に落ちてしまいますよね。

特に筋肉に気を遣っている方は、毎日のトレーニングや食事管理にかなり労力を費やされていると思います。

努力をしてつくりあげてきた筋肉ですから、ファスティング期間中にも落としたくはないですよね。

そこで気になるのはプロテイン

筋肉にたんぱく質は欠かせませんよね。

ファスティングをするうえで、プロテインを飲んで良いのかどうかは心配な点の一つだと思います。

最近はいろいろなファスティング方法があり、ジュースクレンズ(野菜や果物を低速で熱を加えず圧縮したジュース)やみそ汁、それこそプロテインを飲みながら行うファスティングもあります。

なので、プロテインに対する考え方もさまざまありますが、今回は酵素ファスティングとプロテインの関係について解説をします!

酵素ファスティングがどのようなものかを少しご説明しますね!

どのファスティング方法においてもおおむね共通した効果が得られますが、特に身体の代謝機能を正常な働きに戻したり、腸内環境を整える効果に長けている方法が酵素ファスティングです。

酵素ファスティングは酵素ジュースを中心にデトックス効果の高いものを摂取することで、しっかりと消化器官を休ませることができ、身体本来の機能を回復させます。

酵素ファスティングは筋肉を鍛えている方のコンディションを整えるためにも効果的な方法です。

ファスティンング中に筋肉を落としたくない方は必見の、ファスティング中の筋肉減少を抑える方法についても解説しますね!

酵素ファスティングでプロテインがNGの理由

結論から言うと、酵素ドリンクを使った断食の場合

プロテインはおすすめできません

それはファスティングの目的と、酵素ドリンクを使う理由にあります。

ファスティングの目的は疲れた消化器官を休ませて身体の中からリセットすることです。

つまり、消化に負担がかからないことが大切です。

結果として腸内環境の改善、細胞の修復、そして、血液を綺麗にして、身体を内側から綺麗にする効果が出てきます。

ではなぜプロテインがおすすめできないのか、その理由を3つご説明しますね。

プロテイン(タンパク質)を消化する工程が発生する

前述したように、ファスティングで大切なことは消化に負担がかからないようにすることです。

消化とは食事から摂取した栄養分を分解して、身体に吸収しやすい形に変えていくことです。摂取するときから吸収しやすい形ものものを摂ることで消化の働きを休ませることができます。

そこで酵素ファスティングでは、栄養素が低分子化された酵素ドリンクを使用して消化器官を休ませます。

プロテインはというと、分子が非常に大きいため消化に負担がかかってしまいます

胃腸を休ませるための期間であるはずなのに、たんぱく質を分解するためにせっせと胃腸は動いてしまうのです。

せっかく食べることを我慢しているのにプロテインを摂ることで消化器官が働き、効果が低いファスティングになってしまいます。これではもったいないですよね。

消化器官を十分に休ませられないことがプロテインをおすすめできない理由の一つ目です。

プロテインに入っている添加物の問題

プロテインの原材料表示を見てみてください。よく分からないカタカナがたくさん書いてありませんか?

その正体は添加物や人工甘味料です。

ファスティング中にプロテインをおすすめできない理由はこの添加物にもあります。

ファスティング中はデトックスで身体を綺麗にしている期間です。それまで身体に蓄積されてきた悪いものを排出していきます。

添加物は人工的に作られた食品で身体に悪い影響を与えるものが多く、本来身体には必要がないものです。

健康に害が出ない基準で使用されていますが、現代の食品のほとんどに添加物が入っており、毎日何種類もの添加物が身体の中に入ってきています。量が多くて処理しきれない添加物は脂肪に蓄積されてしまい、身体のさまざまな不調を招きます。それを何十年も続けていけば身体の中にどれだけの有害物質が溜まっているかを考えると恐ろしいですよね。

ですからファスティングでは添加物も排出していきます。

酵素ファスティングでは無添加、無農薬の原料を使った酵素ドリンクを選んでファスティングをしますが、プロテインの場合はほとんどのものに添加物が入っています。

せっかく出したところにまた添加物を入れてしまっては本末転倒です。

筋肉を鍛えるためにも健康な身体は基本ですので、ファスティング中は添加物を身体に入れずに、効率よくデトックスをしていきたいですね!

プロテイン(タンパク質)はオートファジーを抑制

ファスティングの効果の一つに“オートファジー”があります。

オートファジーとは、細胞内で不要になった老廃物をクリーニングしてリサイクルする仕組みのことです。

細胞内には生命を維持するためのたんぱく質やミトコンドリアなどの物質が多く存在しています。それらが古くなったり傷ついたりして細胞内に蓄積されると細胞は障害を受けて全身にさまざまな悪影響を及ぼします。

そこで、細胞には古くなったタンパク質やミトコンドリアを分解・新生するオートファジーの機能が備わっているんです。

この機能がきちんと発揮されれば、質の良いたんぱく質を作れる身体になるため、筋肉のコンディションを維持するためにも活用すべき効果です。

このオートファジーは飢餓状態になると促進され、タンパク質を断って24時間ほどで1.5倍~2倍の働きになると言われています。

断食で食べ物を断って飢餓状態になると細胞の修復効果が得られるのです。

でも!ここでタンパク質の塊であるプロテインを身体に入るとタンパク質の合成スイッチが入り、オートファジーが抑制されて細胞のお掃除が止まってしまうのです。

質の良いタンパク質やミトコンドリアをつくるためには、「一度、タンパク質を断つ」ことも実はとても重要です。

せっかく酵素ドリンクでファスティングを行うのならファスティング期間である数日間は、プロテインはお休みして、「細胞のお掃除」に専念させてあげましょう。

そして筋肉が喜ぶたんぱく質を作れる身体に整えましょう!

酵素断食中の筋肉減少を抑える方法

ここまでは酵素ファスティングにはプロテインをおすすめできない理由をお伝えしてきました。ファスティング期間の数日間であれば、タンパク質を摂らなくても筋肉量はほとんど落ちません。

それでも、「筋肉が落ちないか不安!」という方に向けて、ファスティング中の筋肉減少を抑える方法を2つお伝えしましょう!

筋肉が落ちてしまう原因

2つの方法をお伝えする前に、まずは筋肉が落ちてしまう原因についてお話します。

筋肉と言えばプロテイン!というイメージがあり、筋肉に大切な栄養素として一番に注目されるのはたんぱく質ですが、たんぱく質だけでは筋肉は作れません。

筋肉が落ちてしまう原因のひとつは糖質にあります。

糖質は脳のエネルギー源になるなど、生命の維持に欠くことのできない栄養素です。そのため、糖質が足りなくなると、身体の中で何とか糖を補おうとする反応が働きます。これを“糖新生”といいます。

身体に貯蔵している糖が少なくなった時には、たんぱく質のもととなるアミノ酸が糖に変換されます。このアミノ酸の供給源は筋肉なので、筋肉をアミノ酸に分解して糖を作り出すこととなり、結果的に筋肉の量が減少してしまうのです。

糖分が足りなくなると筋肉が分解されてしまうんですね。

そこでこの糖新生を最小限に抑えることが、筋肉減少を抑える鍵になります。

方法1:酵素ドリンクをこまめに少量ずつ飲む。

糖新生は血糖値が下がった時に働きます

ということは、血糖値を維持しておくことで糖新生を防ぐことができますね。

血糖値を維持するために利用するのが酵素ドリンクです。酵素ドリンクには糖分が含まれているので、この糖分を活用します。

ポイントは飲み方です!同じ量のジュースでも一気に飲むのか、少量ずつ飲むのかによって結果が変わります。

糖新生を抑える飲み方はこまめに少量ずつ飲む方法です。

糖質が安定的に供給されるので低血糖になることなく、糖新生が過剰に発動するのを抑えて筋肉の分解を最小限にできます。

一方で一気にジュースを飲んでしまうと血糖値が乱高下してしまい、自律神経が乱れて筋肉分解が進みます。 血糖値の急上昇を抑えるためにも少量ずつこまめに酵素ジュースを摂る方法は有効です。

方法2:最低限のアミノ酸を摂取

先ほどお伝えしたように、そもそも糖新生で筋肉が分解されてしまうのは糖に変換するためのアミノ酸が必要であるためです。

アミノ酸を得るために筋肉が分解されていきます

十分なアミノ酸があれば筋肉が分解されないということになるので、2つ目の方法はアミノ酸を摂取する方法です。

アミノ酸はタンパク質を構成しているものなので、摂りすぎはたんぱく質の合成スイッチが入ってオートファジーを抑制してしまうためNGではあります。

ですが、必要最低限のアミノ酸を摂ることは、デトックス時の腎臓、肝臓のサポートにも効果を発揮します。

最低限のアミノ酸がどれくらいの量かというところが、悩まれるところだと思います。

私が提供しているオーガニックファスティングでは、最低限のアミノ酸摂取のために、人口甘味料不使用のマルチアミノ酸サプリメントを一緒にお届けしてサポートしています。

ご自身で適正量を判断することは難しいと思いますのでアミノ酸を摂取する場合は、専門家に相談をしてみてくださいね。

まとめ

酵素ファスティング中のプロテイン摂取は

・プロテインを消化する工程が発生し、消化器官に負担がかかる。

・プロテインは添加物が含まれている

・オートファジーを止めてしまう

という理由によっておすすめはしません。

ファスティング期間の数日間であれば、タンパク質を摂らなくても筋肉量はほとんど落ちませんので安心してください。

そうは言っても、やっぱり筋肉の減少が心配という方は

・酵素ドリンクをこまめに少量ずつ飲むことで、血糖を安定させる

・最低限のアミノ酸を摂取して、糖の原料を身体に入れる

これら2つの方法で筋肉が分解されることを防ぎましょう。

鍛えた筋肉を落とさずにファスティングをするコツはほかにもさまざまありますので、安心・安全に、より効果的なファスティングを行いたい方はぜひ専門家に相談してみてくださいね。

正しい方法で、本当に身体が喜ぶファスティングをしましょう!

*…*…* グループファスティング *…*…*

仲間と励まし合いながら

楽しくお得にファスティング♪
毎月開催中‼︎

グループファスティングの詳細はこちらから⬇︎⬇︎

グループファスティング詳細

* … * … * …* 公式LINE * … * … * … *

公式LINEのお友達追加で

カラダ年齢診断を無料でプレゼント♡
ファスティング入門講座も配信中‼︎
登録はこちらから⬇︎⬇︎

公式LINEお友達追加

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA