Organic Fasting Program

断食をするなら知っておきたい「消化器官の役割」~排出の効果を実感するための基礎知識~

数日間何も食べない断食は、腸内環境を一度リセットしたい方、排出の効果を実感したい方におすすめです。日頃から健康な胃腸を目指したいとお考えでしたら、まずは消化器官の仕組みを知るところからスタートしましょう。

消化器系は口から肛門まで続いており、摂取した食べ物を分解・消化する作用、吸収しにくい残りの成分を身体から排出する働きがあります。食道・胃・腸(小大)・肛門などが消化管で、これに付属する肝臓・すい臓などもまとめて消化器官と呼びます。

それぞれの役割

約25~30cmほどの長さの食道は、食べ物を胃に運ぶのが役割です。胃は食べ物を一時的に溜める袋で、消化した食べ物をぜんどう運動で腸へと送り出します。

腸は十二指腸・小腸・大腸で成り立っています。胃や十二指腸で消化された食べ物は、小腸で酵素を含んだ小腸液によって分解され、栄養を吸収した後、大腸に送り出すという役割です。

大腸は、水分とビタミンの吸収、排泄物を貯蔵する働きがあります。消化管の最後、肛門は大腸のぜんどう運動で送り出される排泄物を、便になってから外に出すのが役割です。

消化管に付属する肝臓・すい臓の役割は、小腸で吸収した栄養素を全身に送り出すのが肝臓で、すい臓は消化液のすい液をつくったりホルモンを分泌したり、それぞれに大切な役割があります。

断食でデトックス!腸内環境をリセットするやり方を知ろう~腸のリズムを整えて便通(宿便)を解消~

断食でデトックス!腸内環境をリセットするやり方を知ろう~腸のリズムを整えて便通(宿便)を解消~

断食でデトックスしたいと考える方は多く、腸内環境をリセットするやり方として、ファスティングが注目されています。ファスティングとは一定期間、酵素ドリンクと水を摂取して日常生活を送るものです。

最低限の栄養素を摂りながら断食に取り組むことで、食べ過ぎてお疲れ傾向にあった消化器官を休息させ、腸内環境をリセットできます。

落ち込んでいた消化機能の調子が戻るため、代謝・排泄力が整ったり、それによる効果を便通がよくなることで実感したり、腸のリズムが整って体質改善効果を感じる人も多いです。断食でこのような効果を求めている人、やり方に悩んでいる人はこの機会にトライしませんか。

ちなみに、ちまたでは「断食をしたら宿便(滞留便)が出てスッキリした!」という噂もよく聞くかもしれません。ですが、厳密には腸に滞留している宿便というものは存在しません。ただし、断食をすると色の濃い泥のようなタール便が出る人が多いのは事実。これをいわゆる宿便と呼ぶ人がいるのですが、これは別に長年溜め込んでこびりついていた便ではありません。便に解毒液(胆汁酸)が多く混じることで起きる現象なので、デトックス効果の表れと思ってください。

腸がリセットできると身体も軽い!

腸がリセットできると身体も軽い!

断食で食べるという行為から距離を置くと、今まで疑問にも思わなかった食生活の偏り、砂糖やグルテン、脂質の摂り過ぎなどに気づく方も多いです。

最初は何も食べないことに違和感はありますが、意外と空腹感に苦しむことなく過ごせますし、普段感じない身体の軽さ・心地よさ・スッキリ感に驚く人も多いです。

腸内環境がリセットされると身体が効率良く栄養素を吸収できるようになりますので、胃腸をスッキリさせたい方は、一度お試しください。

断食に関する豆知識

断食のデトックスでお悩み方は【Organic Fasting Program】まで

サイト名 Organic Fasting Program
代表者名 山岡 玲子(Reiko Yamaoka)
電話番号 03-4500-8624
住所 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目26-28 2F
時間
  • 月曜日 9時00分~18時00分
  • 火曜日 9時00分~18時00分
  • 水曜日 9時00分~18時00分
  • 木曜日 9時00分~18時00分
  • 金曜日 9時00分~18時00分
  • 土曜日 定休日
  • 日曜日 定休日
URL http://organicfasting.com/